ミカルディスを高血圧の治療に使う

ミカルディスは、テルミサルタンという成分を主成分とする薬です。ミカルディスは高血圧症の治療に用いられる薬で、血圧を下げる効果があります。どうして血圧が下がるのかというと、血圧を上げる作用のあるアンジオテンシンⅡという体内物質が持つ血管収縮作用を抑える働きがあるためです。ミカルディスは、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬という種類の薬に分類されます。
アンジオテンシンⅡは、受容体に結合することで血管を収縮させて血圧を上げます。ミカルディスのようなアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬には、アンジオテンシンⅡが受容体に結合するのを防ぐ働きがあります。それにより血管が拡張し、水分や電解質も調整されて血圧が下がる仕組みになっています。
ミカルディスは高血圧症の治療以外にも、心臓病や腎臓病の治療に用いられることがあります。また、血圧を正常に保つことは、脳卒中や脳梗塞、心臓病、腎臓病といった病気を予防することにもつながります。
脳卒中や脳梗塞は、脳の血管が切れたり詰まったりして引き起こされる疾患です。血圧が高い状態が続くと、血管に負荷がかかり傷みやすい状態になってしまいます。通常の血管には柔軟性があり、非常にしなやかですが、それが硬くもろくなってしまうことを動脈硬化といいます。動脈硬化が起こると、血液の流れが悪くなったり血管が破裂して出血してしまうことがあります。高血圧は動脈硬化を進行させるので、脳卒中や脳梗塞になるリスクを高めてしまうのです。
脳卒中や脳梗塞は、命を失うこともある非常に恐ろしい病気です。運よく一命はとりとめたとしても、後遺症が残ってしまう場合が多いのも脳梗塞や脳卒中の特徴と言われています。後遺症には、運動機能に麻痺が起きて体を動かすのが難しくなったり、言葉が上手く話せなくなるといった言語障害などがあります。
また、ミカルディスには作用時間が長いという特徴があります。血圧を下げる効果が持続するので、1日1回服用するだけで大丈夫です。副作用も比較的少ないので、ミカルディスは長期療法に適しています。
血圧を下げる薬には、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)もあります。アンジオテンシン変換酵素阻害薬は、アンジオテンシン変換酵素の働きを阻害して血圧を下げる薬です。アンジオテンシンⅡの生成を抑制する作用や、ブラジキニンという生理活性物質の分解を抑制して血管を拡張し血圧を下げる作用があります。アンジオテンシン変換酵素阻害薬には咳の副作用が出るものが多かったのですが、ミカルディスには咳の副作用はほとんど見られません。
ミカルディスには、飲み合わせに注意しなければいけない薬が色々あります。飲み合わせによっては、副作用が出やすくなることや強く出てしまうことがあるからです。例えば、他の降圧薬や利尿薬と一緒に服用する場合には、血圧が下がりすぎてしまうことがあります。そのため最初は少量から始めるのが一般的です。
ミカルディスには副作用は比較的少ないとされていますが、人によっては副作用が出てしまうことがあります。めまい・頭痛・ふたつき・立ちくらみ・体のだるさ・吐き気・腹痛などです。めまいやふらつきなどは、薬が効きすぎて低血圧になることによって引き起こされます。高齢の人や人工透析中の人などは気を付けなければいけません。また、夏の暑い時期に脱水になっている場合なども薬の効き目が強く出てしまうことがあります。
それから、ごくまれにですが呼吸困難を伴うアナフィラキシーショックや尿が少なくなったり出なくなったりする腎機能障害など重い副作用が現れることがあります。特に飲み始めに副作用が出やすいので、薬の服用をや他の薬から切り替えるような時には注意が必要です。

トップページへ