血圧が朝高いことで動脈硬化になる危険性にノルバスク

現代日本人の三分の一である約4,000万人が、高血圧症だと言われています。
異様に高い数字です。
血圧というのは、体の隅々に血液を送り出すときに、血管にかかってくる圧力のことなのです。
血圧が高ければ高いほど、血管に及ぼす負担は大きくなります。
高血圧のこわいところは、自覚症状がないという点です。
痛いとか痒いとかの顕著な症状があらわれてきませんので、健康診断で血圧が高いと指摘されても、放置している人が多いです。
すると、徐々に血管が傷んでいき、動脈硬化の傾向が出てきます。
動脈硬化から、脳卒中や心筋梗塞といった重大な疾病に発展していくこともありますので、看過できません。
高血圧がサイレントキラーと呼ばれているのは、そんなところに原因があります。
血圧は、いつも一定しているわけではありません。
一般的には、一日のうち、昼間に高く、夕方から夜にかけて下がっていきます。
その後、睡眠中の早朝から起床する時間に向かって、だんだんと上がっていくのが一般的なパターンです。
中には、血圧が朝高い人もいます。
このように、朝高いことは、早朝高血圧と呼ばれています。
やはり、動脈硬化につながっていく恐れがあります。
脳卒中や狭心症などを発症する時間が、早朝のタイミングが少なくありませんが、これも血圧が朝高い現象と無縁ではありません。
高血圧の治療法としては、医師がノルバスクを処方するケースが圧倒的に多いです。
ノルバスクは、カルシウム拮抗薬に分類されていて、有効な働きも実証されています。
さらに、ノルバスクは副作用もほとんどなく、安全性が高いということで、高い評価を得ています。
医療機関で医師からノルバスクを処方されるのが最も望ましいですが、どうしても病院には行けないという場合は、通販や個人輸入によっても購入することができます。

トップページへ