血圧をさげるノルバスクと握力トレーニングによる療法

ノルバスクは高血圧の治療に用いられる薬の一つであり、カルシウム拮抗薬に分類されるアムロジピンを有効成分として含んでいます。ノルバスクを飲むことによって血圧をさげることが可能であり、高血圧患者の血圧管理によく用いられている治療薬です。カルシウム拮抗薬は比較的副作用が少なく、血圧をさげる効き目もはっきりとしていることに加え、使用してきた歴史も長いことから多くの医者が好んで使用する傾向があります。ノルバスクによる治療は特に心疾患を伴っている高血圧患者であり、狭心症の治療薬としても用いられているというのが特徴です。作用時間が長いことから服用回数も一日一回程度で血圧をさげる効果が十分に発揮されるのもメリットとなっています。こういった薬物治療を行うのが高血圧治療の基本の一つですが、それと並行して運動療法や食事療法も行われるのが一般的です。運動療法で重要視されるのは有酸素運動を行う習慣を身につけることです。ジョギングやスイミングなどが奨励されるものの、もともと運動の習慣がない人にとっては敷居が高いのも事実です。そういった際によく行われる運動が握力運動です。タオル等を使って握力トレーニングをしながら上半身を中心とした運動を実施することができ、適度な負荷のかかる有酸素運動として行うことが可能です。握力トレーニングも力一杯行ってしまうと無酸素運動になりますが、有酸素運動と無酸素運動をバランスよく行っていくことが本来の運動療法の理想です。そのため、握力トレーニングをうまく行っていくことで効果の期待できる運動習慣を身につけることが可能です。これと並行して減塩を中心とした食事療法が行われることで血圧がさがることが期待されます。

トップページへ